利尿剤 ダイエット

ラシックスの正しい服用

ラシックスとは主成分がフロセミドで出来ている、利尿作用が協力な利尿剤です。

 

 

服用すると腎尿細管でのNa、Clの再吸収を抑制し、尿の量を増やし体内の水分を減らす薬です。

 

 

また、利尿で循環血流量を減らす事により、血圧を下げる効果もあります。

 

 

むくみを取る効果もあり心性浮腫、高血圧症や、末梢血管障害などの浮腫の治療など、幅広い治療に用いられます。

 

 

利尿作用が強く働くので、服用してから約3時間の間はトイレが近くなります。

 

 

また血圧が低下する事により、めまいが起こる事もありますので、トイレに行きにくい場所・時間や機械の運転などを避ける必要があります。

 

 

副作用として、じんましんや貧血・頭痛・吐き気などの他、低カリウム血症や聴覚障害などの報告されています。

 

 

また、服用に注意が必要な場合があります。

 

 

本人や家族に糖尿病がある人や、高齢者・下痢中の人・小児など、主に利尿作用により病気が悪化する可能性がある場合には、医師の判断が必要になってきます。

 

 

無尿の人、肝性昏睡やナトリウム、カリウムが減少している人は、服用することは厳禁です。

 

 

ラシックスは強力な利尿剤ですので、服用の効果は高いです。

 

 

いずれにしても医師の診断に従い服用するのが一番です。

 

 

正しい知識を持ち、正しい服用方法で安全に服用しましょう。