ラシックス 副作用

利尿効果の高いラシックスに期待できること

ラシックスとは、高血圧症や浮腫の治療薬として用いられています。

 

 

降圧利尿剤と言われていて、尿の量を増やすことによって余分な水分やナトリウム、カリウムを理に要する事でむくみをとる効果があり、この効果に相乗して血圧も低くなる効果が期待されるお薬なのです。

 

 

利尿作用は非常に高いので、尿路結石やうっ血性心不全などの治療にも用いられています。

 

 

ただ、この高い利尿作用の効果によって引き起こされるのは、ナトリウム不足やカリウム不足です。

 

 

そこで体の中の塩分が減少してしまって、様々なトラブルや副作用を生みだす可能性があります。

 

 

例えば血液中の尿酸値が増えたり、痛風持ちの方は痛風の発作を起こしてしまう事があります。

 

 

そのほかにも皮膚粘膜障害が現れることもあるので、あまりにも症状が酷い場合は医師に相談してみるのが良いでしょう。

 

 

これらを防ぐために用量や用法は守りましょう。

 

 

脱水などにならないようにだんだんと量を増やしていくのも一つの方法です。